配当金用語集

株式配当金に関わる用語や当サイトで「日本株の配当金データベース」に出てくる株式用語を解説します。

配当(配当金)

株式会社が獲得した利益において、株主の保有株数に応じて分配されたものを配当または配当金と呼ぶ。

銘柄コード

証券コード協議会が独自に仕様を定めている証券コード。
株式の銘柄コードは、「固有名コード4桁」+「株券の種類を表す予備コード1桁」で構成されるが、表示上、普通株式は4桁の固有名コードのみを使用している。

EDINETコード

EDINET(Electronic Disclosure for Investors’ NETwork)と呼ばれる金融庁による金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システムにおいて、開示書類等提出者(法人または個人等)ごとに発番される一意のコードのこと。

EPS

一株あたり当期純利益。当期純利益を期中平均発行済株式数で割った数値で、株式の投資価値を測定する指標として利用されている。

営業利益率(売上高営業利益率)

売上高に対する営業利益の割合を表す指標。 売上高のうちどれくらいが本業の業績を表す利益として残るかを意味する。  営業利益が大きい場合は本業がうまくいっていることを意味し、反対に小さい場合は本業があまりうまくいっていないことを意味する。

自己資本比率(株主資本比率)

自己資本を総資産で割った数値で、財務の安定性を測る指標。総資産のうち返済・支払を必要としない資金(自己資本)の割合を意味しており、自己資本比率が高いほど財務の安定性が高いと言われている。

キャッシュフロー

期初の現金と期末の現金の差が何故生じたのかを説明してくれる、お金の流れを示す指標。一連のビジネス活動の結果生じた「お金の流れの事実」を表したものとも言える。
キャッシュフローが記載されるキャッシュフロー計算書は、本業でどれだけキャッシュを稼げたかを表す「営業活動によるキャッシュフロー」、将来のために何にいくら投資したかを表す「投資活動によるキャッシュフロー」、どれだけ借金してどれだけ返済しているかを表す「財務キャッシュフロー」で構成される。

Posted by 管理人